あがり症になると、動悸が激しくなって、呼吸は浅くなりがちになり、からだがこわばってきます。
自然とからだ全体に力が入るため、疲れやすくなります。
ますますストレスを感じやすくなってしまう可能性もあります。

あがり症は、呼吸が浅くなって十分な酸素を体内に送ることができなくなるため、酸素不足の状態になってしまいます。
そこで深呼吸をしてみましょう

あがり症に効く呼吸法は深呼吸が一番です。
ゆっくりと息を大きく吸って、大きく吐いてみてください。
吐く時間を長めにするのがコツです。

深呼吸は、ゆっくりと呼吸することによって体内に多くの酸素を取り込みます。
リラックス効果もあるので、動悸を落ち着かせる効果があります。

あがり症の症状が出てきてしまった場合は、数回深呼吸をして、心を落ち着かせましょう。
落ち着くことでリラックスすることができ、あがり症の症状を少し抑えることができますよ。