あがり症に運動が効果があるとは、残念ながら必ずしも言えません
ただし、運動方法によってはホルモン(神経伝達物質)の分泌を促してくれますので、前向きで落ち着いた気持ちになることができるかもしれません

あがり症対策のために行う運動としてオススメなのは、ウォーキングなどの有酸素運動です。
ウォーキングは自分のペースで行うことができますし、続けることで下半身の筋肉を鍛えることができます。

運動するとセロトニンというホルモンが分泌されます。
さらに、ウォーキングなどの有酸素運動を始めてから30分以上続けると、エンドルフィンというホルモンが分泌されます。

セロトニンには、ストレスをうまく受け止めて、心のバランスを改善させる作用があります。
エンドルフィンには、精神的ストレスを緩和させる作用、鎮痛効果、免疫細胞の防御力を高める作用があります。

ですので、ウォーキングをすることでストレスの発散になります
代謝が良くなりますし、血行の流れも改善されます。
運動した後の爽快感も味わうことができ、健康にもなれるでしょう。

これらのホルモン分泌を盛んにすることで、あがり症に良い影響が出てくるでしょう。
ウォーキングなどの有酸素運動を毎日の習慣にすることをおすすめします。

あがり症改善プログラム