あがり症を克服したい人は、イメージトレーニングをしてみるのも効果があるかもしれません。
イメージトレーニングをすることで、あがり症を克服した人もいます。

イメージトレーニングはスポーツ選手などが使用している方法で、成功イメージを深く意識付けるということが目的です。
上手くいっている自分」、「成功した自分」をイメージするのです。
成功イメージを意識付けることで、成功が現実になりやすくなります。

あがり症の場合、人前で堂々と、淀みなくスピーチしている自分を想像してください
いろいろと細かく具体的にイメージすると、より効果が上がります。
これを何度も行うことで、緊張する場面になっても、心拍数が上がらず、落ち着いて話ができるでしょう。

ただし、イメージトレーニングをすると、「失敗した自分」をイメージしてしまうことがあります。
自分に自信がないことが原因であがりやすい人ですと、そうなりがちです。
これは逆に症状を悪化させることになってしまいますので、必ず「成功した自分」をイメージしてください。

成功をイメージしやすくするためには、「失敗しても大した問題ではない」という考え方をするのが重要です。
そのように割り切って考えられるようになれば、上手く話せなくても気にならなくなります。