パニック障害(パニック発作)で「過呼吸」(過換気症候群)になることがあります。
過呼吸とは、酸素を多く吸いすぎたために起こる症状で、酸欠ではないのに、発作的に呼吸が速く深くなります

過呼吸の状態になると、必要以上の酸素を体内に取り込んでしまうので、血中の酸素濃度が急に上がり、二酸化炭素濃度が急に下がります。
そうなると、脳へ血液が流れにくくなり、脳が酸欠になっていきます。
脳が酸欠になると、過呼吸の症状が悪化する・・・という悪循環に陥る恐れがあるのです。

過呼吸(過換気症候群)の症状は主に次のとおりです。

  • めまい、動悸
  • 息苦しい
  • 胸が痛い
  • しびれ、けいれん
  • 意識が遠くなる
  • 「死ぬかも」という強い不安や恐怖

このような過呼吸の症状が出た場合は、腹式呼吸で大きく深呼吸をするとよいでしょう。

腹式呼吸とは、息を吸った時に意識的にお腹をふくらませ、お腹から息を吐き出す呼吸法です。
腹式呼吸で深くゆっくりとした呼吸を続けることで、症状は和らいでいきます。

また、ビニール袋や紙袋の中で呼吸することも効果があります。
自分が袋に出した二酸化炭素を再び吸い込むことで、血中の二酸化炭素濃度を上げて、血液の状態を正常に戻すのです。
外出する際には、バッグの中に小さなビニール袋を入れておくと良いかもしれません。