パニック障害は再発しやすい病気で、完治するということは今のところ非常に難しいです。

パニック障害の場合、治ったように感じても、何かのきっかけで再び発症してしまうことがよくあります。症状が出なくなって数年経ってから、ちょっとした環境の変化などから再び症状が現れてしまうこともあります。

完治つまり完全に治ることは難しいですが、症状が消えて日常生活に問題ないような状態(医療用語の「寛解(かんかい)」という状態)にまで回復することは可能です。

パニック障害は多くの場合、この寛解の状態と悪化の状態(医療用語の「増悪(ぞうあく)」という状態)を繰り返します(慢性経過)。

そこで、パニック障害を発症させてしまった場合は、この病気と一生上手く付き合っていくことになるでしょう。そして、完治は難しいとしても、できるだけ症状が出ないようにすることを目標として治療を受けた方が良いでしょう。

病院で治療を受けないで放置してしまうと、症状はますます悪化する恐れがありますので、早期診断、早期治療が重要です

さらに、パニック障害という病気を受け止めて、病気に負けないように前向きに生活するという意識が大切です