赤面症の根本的な原因は精神的なもの、特に不安感だと考えられます。
この不安感や精神的な疲れに効果のあるツボならば、いくつかあります。

代表的なツボは次のようなものとなります。

労宮(ろうきゅう)

労宮は手のひらにあるツボです。手を軽く握ったとき、中指と薬指の先が触れる辺りにあります。
このツボは自律神経の働きを整えると考えられていますので、イライラ、憂うつ、だるさなどの症状を改善します。
緊張しそうなときに、労宮を優しくゆっくりと指圧してください。

神門(しんもん)

神門(しんもん)は手首にあるツボです。手首の横じわの小指寄りの窪みにあります。
このツボは精神を落ち着かせるツボとして有名ですので、赤面症の症状を緩和させてくれる効果が期待出来ます。
神門は手首を握るようにして押すことができます。