赤面症は、冷や汗をかいたり、動悸が激しくなるといった症状も同時に現れることが多いのですが、こういった症状に効果のある漢方はいくつかあります。

ただし、漢方を服用したからといって赤面症を完治させることができるというわけではありません
また効果に個人差があります。
お気を付けください。

漢方を利用する際は、体質に合わせた処方のものを服用する必要があります。
専門家に相談することをおすすめします。

さて、赤面症の症状に効果があるとされている漢方には、例えば次のものがあります。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

半夏厚朴湯は、精神を安定させ、心と体の状態を良くします。
不安感、緊張感、イライラ、動悸、めまいなどに効果があります。
緊張状態を和らげることができるでしょう。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加竜骨牡蛎湯も、神経の高ぶりを静めて、心と体の状態を良くします。
精神面がかかわる動悸に効果があります。
神経症や不眠にも用いられます。