赤面症の原因ですが、今のところはっきり分かっていないようです。
ただし、赤面症も対人恐怖症の一種ですので、体内の異常によって起こるのではなく、不安、緊張などによる精神的なものが原因ではないかと言われています。

スピーチや発表など、他人から注目を浴びる場に立つと、自分で顔が熱くなるのが分かる人、汗をかいてしまう人、人前に出ると必ず緊張する人は、赤面症である可能性が極めて高いと考えられます。

赤面症の原因は精神面にあると考えられていますが、精神面のどの部分が原因となっているのかは、人それぞれ異なるようです。
ただし、根本的な原因は、「人から変に思われたらどうしよう」という不安であると考えられます。

うつ病のような心の病気とは異なります。
体質の問題とも異なります。

ストレスのような精神面での負荷が「赤面」という症状に表れていると考えますと、その改善方法は、人前に立ってスピーチをするなど、自分が苦手だと感じていることを克服することとなります。
苦手意識を無くしてしまうことができれば、薬に頼らなくても赤面症を治すことができるでしょう。