赤面症をメイクでごまかすには、ベースメイクが重要だといえるでしょう。
ベースメイクは肌色や肌質をカバーする大切なものですが、このベースメイクをちょっと工夫することによって、赤面症をカバーすることが可能になります。

まず下地については、透明なものではなく色味のあるものを選びます。
赤味を消してくれる黄色味のものを選ぶと良いでしょう。

次にファンデーションですが、ご自分の肌の色に合ったものを選ぶようにしましょう。
そして、コンシーラーを赤味が出てしまいがちな部分にスタンプのように指でのせて、なじませていきます。
最後に、パウダーファンデーションをコンシーラーの上に、パフやブラシでのせます。

赤面症をメイクでごまかすといっても限界がありますが、以上のように赤味を抑えることを念頭にメイクすると、赤くなった顔をカバーできると思います。
コンシーラーを使ってない方は多いかも知れませんが、赤味などをカバーする効果がありますので、使ってみてください。