他人と関わる状況が苦手な対人恐怖症の場合、伊達メガネやマスクをするというのは効果のある方法です。

伊達メガネをしていると、必ず視界にレンズが入りますので、自分の見える世界をレンズで遮断しているような気持ちになれます。
感じ方に個人差がありますが、裸眼の時よりもメガネをかけている時の方が、安心感があるはずです
メガネは度が入っているものでも構いませんし、サングラスですとさらに効果的でしょう。

また、マスクをすると顔の大半が隠れ、顔の下半分を支える感じになります。
実際にやってみますと分かると思いますが、意外と人目が気にならなくなります
マスクをする場合、安物で面積の小さいマスクを使うよりも、花粉症やPM2.5などを防ぐような大きめで安心感のあるマスクをおすすめします。

帽子をかぶることも効果があります。
特に、つばの広い帽子でしたら顔がかなり隠れます。
また、日焼け対策用の帽子は顔や首を隠しますので効果的です

サングラス、マスク、帽子をして外に出ると、少々不審者っぽく見えてしまうかもしれませんが、あなた自身は他人に見られても怖くなくなるでしょう。
注意して見ると、そういう格好の人は意外といるものです。

風邪や花粉症が流行している季節ならば、マスクをしていても自然です。
日差しのある日ならば、紫外線対策を装っても不自然ではありません。

外出に慣れてきたら、少しずつ顔を隠す面積を減らしていき、メガネか帽子だけにしてみましょう。