対人恐怖症になる原因は様々で、人によって違います。
一般的には、過去の対人関係での失敗がトラウマとなって発症すると言われています。

しかし、同じような体験をしても、必ずしも対人恐怖症になるわけではありません。
元々その人が持っている性格、気質、ものの考え方、脳内環境、家庭環境などによっても変わってきます。

また、同じ家系に対人恐怖症の人がいると対人恐怖症になりやすいとも言われており、遺伝的要因もあるとの説もあります。
近年は、神経科学分野の研究が進み、対人恐怖症などの不安神経症も、うつ病と同様にセロトニンという脳内物質が不足すると発症しやすいということが分かってきました。

このように、対人恐怖症は精神的なものだけではなく、複数の要因が関与しているということが分かってきています。
親の対人関係に対する考え方や厳しすぎる躾、本人が元々持っている内気な性格、過去の対人関係での失敗によるトラウマ、乱れた生活習慣によるホルモンバランスや脳内物質の乱れ、遺伝的要因など、これらが複雑にからみ合って起きる症状であると言えます。