対人恐怖症で病院を受診した場合、治療のために処方される薬は、主に次の3種類となります。
どれも、不安や焦燥感の軽減、不眠、気持ちの落ち込みなどを軽減する効果のある薬です。

抗うつ薬(SSRI)

抗うつ薬であるSSRIは、脳内回路をつなぐシナプスが脳内物質のセロトニンを再吸収してしまうのを阻害する働きがある薬です。
対人恐怖症の人は、うつ病の人と同様に脳内物質のセロトニンが不足していると考えられています。
SSRIによってセロトニンの再吸収を防ぐことで、セロトニンの減少を防げるため、効果があると言われています。

抗不安薬

抗不安薬は、人と接する際の不安や緊張を和らげるための薬です。
対人恐怖症の人にも効果的で、よく処方される薬です。
ただし依存性がありますので長期の使用は出来ません。

β遮断薬

β遮断薬は、交感神経の活動を抑える薬です。つまり、興奮状態を和らげてリラックス状態にしてくれます。
そのため、一般的には高血圧の人や心疾患の人に処方されるものです。