対人恐怖症の心理治療(心理療法)には、いくつかの手法があり、クリニックや医師、心理士によってもその手法が異なります。

一般的に多く行われている心理療法に、認知行動療法(認知療法)があります。

認知行動療法とは、認知(ものの受け取り方や考え方)に働きかけて気持ちを楽にする療法です。
例えば、いろいろなことを全て紙に書き出すことで、理解しているつもりでも理解できていない自分自身のことを理解し、思い込みを改善していくというものです。

対人恐怖症の原因となった出来事について書いたり、自分が辛いと思うことについて書いたりします。そしてそれに対して、自分自身がどう思っているのか、自分は何ができたか、何ができなかったか、などについても書き出し、客観的に判断しようとすることで、考え方を矯正していきます。

また、森田療法や催眠療法というものもあります。

催眠療法は、催眠術によって恐怖心を薄れさせるものです。

森田療法は、対人恐怖症だから緊張や不安を感じるのが当然なのだと、現状の自分をあるがままに受け止め、指定されたプログラムに沿った入院生活を送ることで症状の改善を目指すという療法です。