対人恐怖症は漢方で改善するものではありません。人と接することに恐怖を抱かなくなるというような漢方薬はありません。
漢方薬に限らず、薬物療法では対人恐怖症自体は治せません

ただし、対人恐怖症によって現れる動悸、めまい、緊張、冷や汗、貧血といった症状を緩和する効果は期待できます。

漢方にはたくさんの種類がありますので、ご自分の症状や体質に合わせて、医師から処方されたものを服用されることをおすすめします。
ただし、薬に頼り過ぎると依存してしまいます。

対人恐怖症を完治させるためには、思考のひずみを直すこと、精神的に強くなること、人と接することに慣れることなど、本人の努力が必要不可欠です。
なぜならば、対人恐怖症は身体的な病気ではなく精神疾患であるからです。

ただし、自力のみでの改善は容易ではありませんので、心理療法の助けが必要になるでしょう。