対人恐怖症は治る病気だと言われています。
ただし精神疾患は、医師との相性や信頼度によっても、その治療結果に大きな違いが出るものです。
通っている病院の治療方法に不満を感じたり、改善を実感できずに不安が増しているようでしたら、セカンドオピニオンを受けるという手段もあります。

対人恐怖症のような精神疾患は、通常のケガや病気のように、明らかな患部や治療法が分かるものではありません。何度も受診して、症状を話したり、性格を理解してもらったりすることで、医師が状況を把握できるという難しい面があります。
セカンドオピニオンを受けようと思って別の病院を受診しても、前の病院からカルテをもらわなければ、一からの診断になってしまいます。

ですので、なかなか治療の効果が感じられないとしても、ある程度は様子を見てください
病院では薬物療法や心理療法などが行われますが、いずれもすぐに効果が出るというものではありません。

ところで、薬物療法は根本的な治療にはなりませんので、もしも薬物療法しか行わないような病院の場合には、セカンドオピニオンをおすすめします